薬ゼミのCSR

“社会のためになる薬剤師をつくる”そんな思いから、薬学ゼミナールでは様々な社会貢献活動にも積極的に参加しております。医療人として命、環境、同じ志をもつ団体や個人を応援する活動の一部をご紹介します。

受講生1名につきワクチン5名分を開発途上国に寄付

薬学ゼミナールでは募金やペットボトルキャップの回収に加え、2008年よりコースを受講いただいた方の人数に応じたワクチンを世界の子どもたちに贈っています。プロ野球選手の和田投手も活動しておられる日本委員会(JCV)さんとともに活動し、これまで数多くのワクチンが投与されました。ワクチンで助かる小さな命を救いたいという願いで活動を続けています。

世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)

点字名刺の利用を通じて障がい者の活躍に貢献

埼玉県越谷市にある就労継続支援B型事業所「ココロスキップ」の点字名刺プロジェクトへ委託し、全職員の名刺に点字を刻印しています。点字刻印の利用を通じ、障がいをお持ちの作業者の皆さまのお仕事づくりに貢献しています。

薬ゼミの薬学生・薬剤師応援メディアPh-port「点字名刺プロジェクトの作業所には、通い続けて貰える薬局づくりのヒントが溢れていた」

献血サポーターに参加

献血サポーターとして医療に必要な血液を安定的に確保するために、献血に積極的に協力しています。

アジアへ安全な水を届ける活動に参加

日本青年会議所(JCI)が推進しているアジアへ安全な水を届ける活動に、川越教室の自販機の売上げを通して参加しています。

公益社団法人 日本青年会議所HP